なんで働き始めたら『社会人』って言うのかなぁ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ロス珍道中 1の巻 ~前回のおさらい~
ふー!
ロスから帰ってきました


…6日前にですけどー




さて、
今回もいろいろとハプニングが起こったけれども
それを語る前に
あまり知られていない前回のハプニングから少しお話したいと思います


前回のロス旅行は
思い起こせば1年以上前の2月の下旬、
私と北海道在住の友達2人の計3人でロスへ出発する…はずでした

私は当日家から成田へ
友達は新千歳から成田へ

その予定はあの「白いやつ」にあっさりと崩されました。

「白いやつ」
→http://plaza.rakuten.co.jp/miyanooka/?func=diary&act=view&d_date=2005-02-23&d_seq=0000&targetdate=200507
(でもほんとは大好きですけど)


そう。2月下旬の札幌と言えば。吹雪。それも猛烈な。
もちろん飛行機なんて飛ぶはずもなく。
とういことはもちろん合流なんて出来るはずもなく。
いちおう調べたけど電車もバスも交通機関はすべてだめで。
ということはもちろん二人はロスに行けるわけもなく。

ってーことは、私が一人で行くしかないわけで。





…と、東京めっちゃ快晴なんですけど(汗




もっと裏話をすると、
私よりもロスに行く事を数倍楽しみにしてたのは友達でした
2人は何日も前から準備をして
ロス旅行マニュアル雑誌も買って
デジカメも新調して
何日も前に「ドキドキして眠れない」と電話してきたり
当日新千歳から来るからすごい早起きもしたのに。

なのに当日に荷物を準備して
当日にコンビニで使い捨てカメラを慌てて購入した、

あたしが行けるなんて人生って皮肉ですね。


最終的に友達の渡米を諦めてさて、私はどうするかとなったときに
かなり気が動転して親に電話しまくり
「いやだったら行くのやめてもいいんだよ!?」と心配されてみたり
結構成田で一人、大変な思いをした記憶があります

何よりも友達2人がほんとに不憫で
あたしが行ってもいいんだろうか…
そんな思いに何度もかられて
その度に「でも2人が行けなくなった以上、あたしだけでも行くべきじゃ?」と
「いやいや今回はあたしもやめてまた改めて3人で…」の考えが繰り返されて
もう途中で何をどうしていいのやらもう何がなんやら
もう誰か決めてくれ、もうどうでもいい!あははははは
みたいに壊れかけたところで
「迷ってるくらいなら行っちゃおう」ってな感じでさらっと出発。


そう言いつつも税関で並んでる間、次の次があたしの番っていうぎりぎりまで
Mとメールしてみたり
税関を越えたあとも「まだ出来る♪」とか言って再びメールしてみたり
飛行機に乗り遅れない為に徹夜したので
その結果家の前のマックで朝マックしたのに
成田でもマック買って昼マックしたり
ある意味怖いものなんてないわ!状態になってたのかもしれません


でも災難はまだまだ続きます。
飛行機が離陸して少したってすぐ私は眠ってしまいました
しばらくすると横から何かぶつぶつ聞こえます
しゅっしゅっという音も聞こえます
しかもそれが一つじゃなく複数聞こえます

一体なんだ?と思って目を細く開けると
隣の人がお経?みたいの唱えてました
しかも両手の指を複雑に絡めて胸から頭の上に向かって何度も上げ下げしてます
しかもその隣の人とさらに隣の人もやっています
(私の席は真ん中のレーンの4人がけの一番端っこのせきだった)

最悪です
一度気になりだすと全然眠れません。
しかもせっかくだから3人合わせてくれればいいのに
ばらばらだからなんかもう不快指数MAXです

結局このお祈りみたいのは10時間くらいの飛行時間で3回ほど繰り返され
精神的疲労で訴えてやろうかと思うくらいでした
(なんせ私はすでに傷心)


なんだかんだありながらも無事ロスに到着。
「あーここに来るのにいろいろあったけどせっかくだもん、楽しもう。」
そう前向きに思った瞬間、
飛行機が着陸してから全然降りれる気配が無い事に気がつきました
準備に戸惑っているのだろうくらいに思っていたら

「えー当機はすでに到着しておりますが
空港の社員がまだ出勤して居ない為、もうしばらくお席にてお待ちくださいませ。」



しゅ、出勤していない!?
そんなことってあるの?
じゃあ日本発つのずいぶん早い時間だったけどもっと遅くてよかったんじゃんよ!
ってかパイロットさんもさー
早く着きすぎちゃいそうなら少し考えたらどうなのよ!?

もおおおおお(怒)


結局すごく早く着いたので
Yに電話してもう迎えにきてもらおうと、テレホンカードを購入。

挿す場所がわからない。
「これってたぶん取り出し口じゃない?」みたいな所にむりくり差し込んでみる。
なんかよくわからないが家に電話してみる

出ない。

携帯にかけてみる

出ない。

もう一度家にかけてみる

出ない。

涙出そうになるのをこらえてカードを抜こうとしてみる

とれない。

さっきぎゅーぎゅーいれすぎたのと表面がつるつるなので
力も入れづらくてなかなかとれない。

諦めることにした。

まわりをきょろきょろしてみる

誰も見てない。

放置決定。

ささーっとその場を離れて1ドル札を両替してもらってコインにした

もう一度家と携帯にかけてみる

出ない。

ふてくされる。

来たばっかりなのに帰りたい衝動にかられてみる。

しばらくしてY到着。

後から聞いた話だとアメリカではカードは差し込まずに
カードに記載されてる番号を入力してから使うのだとか。

私の努力って一体…
放置されたカードの立場は…
ってか無知って怖い




まぁそれからはそつなくロスを楽しんだけど
ほんとにさんざんな1日?でした


次回は「今度こそ前日に荷物を準備したのか?」
   「職員は今度は早起きしてるのか?」
   「放置カードはまだ残ってるのか?」

の3本です

それじゃあまたね
じゃんけんぽん!






うふふふふ~



スポンサーサイト
【2005/07/04 07:46】 ロス珍道中 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<中休み | ホーム | I'm here in LA>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hykmr.blog16.fc2.com/tb.php/9-31d9a1bc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。