なんで働き始めたら『社会人』って言うのかなぁ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
わからん…
どこまで読んだ本を紹介していないかわからなくなってきました(笑)
過去の記事をさかのぼって
たぶん紹介してないであろう読んだ本を
今日は全部書き出してみます♪

まず、
太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
(2006/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る



これ、私が知らなかっただけで
結構有名な本だったんですね←いつもこんなこと言ってますが

例のごとく図書館で借りてるのですが、
新潮文庫の100冊の中でも読みたいものの中から
予約も特になく、ページ数も多くなく、
というのをリストアップしたら
この本に行き当たりました。

読んだことのない人はいますぐ読んでください。
特に私のようなまだ学生気分の抜けない輩には
なんだか懐かしいようなむずがゆいようなそんな気分になりました。

男の子って方法は違えどみんなこんな感じなんだろうなと。

あまりにもおもしろすぎて
あっというまに読み終わりました。

彼にも勧めてみました。
(たぶん読まないと思うけど)

買ってもいいかなって思える本です。
そして他の作品も読んでみたくなりました。

ちなみにこんな記事もありました。
参考までに意外と似ている? 東大生と京大生の読む本トップ10


もちろん☆☆☆☆☆です。


次は
ふたり (新潮文庫)ふたり (新潮文庫)
(1991/11)
赤川 次郎

商品詳細を見る



これは前にも読んだことあった気もしたけど
なんとなくもう一度読んでみました。

赤川次郎の作品って私的に「ひねりの少ない素直な文体」という印象が前からあって、
それがいいとか悪いとかではなく
私は、スリル!ショック!なんてこった!うおーやられた!なにーお前が殺したのかー!
とかが好きなので、
ちょっとものたりなく感じてしまうのです。。。

でも三毛猫ホームズシリーズは好きだけど(笑)

その中で「ふたり」は特にスリリングな展開があるわけでもないのに
なんとなく吸い込まれるのは
この小説の設定故に、読者がやはり「姉」の立場になるからでしょうか。

「がんばって!」
「今は何も言わないほうがいいわ」

応援したり、心配したり、一緒に喜んだり。

そうさせてしまうところがこの本の人気のヒミツかもと思いました。
子供も読みやすいと思うけど、是非大人こそ読むべきですね。

☆☆☆☆です。



つぎは
ボッコちゃん (新潮文庫)ボッコちゃん (新潮文庫)
(1971/05)
星 新一

商品詳細を見る



これも予約せずに、図書館にあったので
まぁ借りてみるかってな感じで読んでみました。

ショートストーリーばかりの本です。
作者が厳選したらしい。

結構シュール。
シュールは好き♪
そしてひやっとする怖さ。
人間ってほんとに怖い…
読んで損はないです。
だいぶ前の本らしいのに結構斬新!

☆☆☆☆です。



あー疲れた。
まだ何冊かあるけど今日はこのへんで。

ちなみに蟹工船は借りたけど、しみが多すぎていやだったので
また借りることになりました。
でも言葉が古すぎてちょっと微妙だなって思ったけど。

それから、放浪記も借りたけど、長過ぎて最後まで読んでません。

今は、友情としゃばけ中

次回はそれを紹介します。

スポンサーサイト
【2008/12/29 00:33】 私が読んだ本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 趣旨が変わりつつあります>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hykmr.blog16.fc2.com/tb.php/500-54ae0881
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。