なんで働き始めたら『社会人』って言うのかなぁ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そしてトンキーも死んだ
ちらちら訪問してるペロゾーさんのブログで
(許可とってないのでいちおうリンクなし!)
小学校の時に使った教科書にのってた話の話(ややこしいなぁ)
をしていたので
あたしはなんか好きな話あったっけーって
考えてみたら
「そしてトンキーも死んだ」でした。

これ、悲しいお話なのよ。
でも文で説明するのはめんどくさいさいから(おい)
くわしくはsiutomeさんのブログで。


私はこの話が好きでね、昔持ってた(今も実家にいるが)象のぬいぐるみに
「トンキー」と名前をつけるくらい好きでした。

一匹しかいなかったので「ワンリー」はいなかったけれど
今思えばその当時はこのお話から
戦争の残酷さなんて読み取っちゃいませんでした。
どちらかというと
「象はなんて利口なんだろう」
ってことしか思わなかったですね。

そんな鈍感なあたしにもなんらかの影響を与えたこのお話は
子供のためというよりは
大人のほうがむしろ読むべきものなのかもしれません。



先日のオーラルコミュニケーションという授業で
スピーチの課題があったので
「そしてトンキーも死んだ」について語ってきました

ほんとうは
イントロダクション→ボディ×3→コンクルージョン
という文の構成のはずなんですが
イントロダクション→ひたすらトンキー達について説明→むりくりコンクルージョン
という乱暴な構成でスピーチしてきました
まぁゆるい先生なんで大丈夫ですが
思う存分トンキーへの熱い思いを語っておわりました


満足です(おい)


でもちょうど何について話すか困ってたので
思い出してよかったです。


教科書もすてたもんじゃないなぁ



まぁ教科書はたぶん捨てたけど…
スポンサーサイト
【2006/08/06 21:54】 私が読んだ本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<バイエルン戦 | ホーム | 追加招集キター!>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hykmr.blog16.fc2.com/tb.php/282-b572bc36
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。