なんで働き始めたら『社会人』って言うのかなぁ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最低の誕生日
30日は誕生日だった
22歳になった

説明会があったので
行ってきた

でも電車にのってる途中で
「あ、場所がわからん」ってことに気付いた

地図は写メってきたけど
なんてビルだとか
何階かとか調べてくるの忘れた

そもそも
朝からまったくやる気がなかった
「今日は行くのやめようかな」って
何度思ったかわからない

結局、もうでないと間に合わない時間になったから
出た

そして電車の中で気付いたわけだ。

ただでさえ行く気なくしてるのに
ますます行く気なくした

次の駅で降りよう
そんなことを考えながら
結局目的の駅についた

駅の地図で写メってきたやつを照らし合わせてみる
のってない。
駅の地図にはのってなかった

私が写メってきた地図は駅の地図の範囲外らしい

もう右に行けばいいのか左に行けばいいのかさえわからない。

でもよーく写メをみたら番地が書いてあった
とりあえずそれを頼りにいってみる

ローソンは近くにあるはずなのに
あるのはdailyだけだ

やっぱり間違ってるんじゃないかと思い始める
間違ってるんじゃないかと思い始めたら
また帰りたくなった
「やっぱり引き返そう」
「引き返そう」
「引き返そう」

そんなことばかり考えながら歩いてた気がする

だんだん写メに腹たってきた
まわりにNECとか佐川急便とかあるのに
なんでそれがのってないんだ。
ほんとにこっちで合ってるのか…
なんだこのわかりづらい地図は…


だんだん自分の今の行動がばからしくなってきた

なんで私は今こんなところを歩いてるんだ
なんで私は就活なんてしてるんだ
なんでなんでなんで


時間をみたら
もう14時だった
14時からなのに。

遅刻するくらいなら帰ろう
やっぱり帰ろう
場所もわからないし
寒いし
なんかやる気ないし
帰ろう

その時近くのビルからトラックが出てきて
引かれそうになった

びっくりしてドキドキしてたら
遠くにローソンの看板がみえた

え。


めっちゃ遠いじゃん

まだまだじゃん


でもあんなに帰ろうと思ってたのに
ローソンを見つけたら少し嬉しくなった

ローソンの近くなのだから
とりあえず行ってみよう

遅刻してもいれてくれるかもしれない
行くだけいってみよう

そう思い直して
歩いてたら

会社の看板が見えた

「あれじゃん!」


なんかすごく嬉しくなった


結局10分遅れくらいで到着。
説明会に参加させてもらえた


しかも
会社での説明会だったので
仕事場を直接みせてくれた

そのせいかわからないけど
今までのどこの会社よりも
入ってからの自分を想像できた

行ってよかった
諦めなくてよかった
帰らなくてよかった

ほんとうにそう思いながら帰ってきた

帰りの電車で親から電話がきた

とりあえず乗り換えの駅に降りて
かけなおした

「誕生日おめでとう」

なんか照れくさかったけどすごく嬉しかった

「何か欲しいものあるの?」

そう聞かれたから

「蛇皮のピンクのパンプスが欲しい」

そう言ったら

「へび~?なんでそんなの欲しいの~?趣味悪いわね~

しかもピンクってどんなピンク~?もってる服にあわないんじゃないの~?」

と言われて






キレた。







「じゃあいいよ!欲しいものあるかって聞かれたから答えただけで

別にいらないよ!なんなの?」








またやってしまった!
つまらないことでキレないようにしてたのに
またキレちゃった!

そう思ったときには時すでに遅し。


「わかったわ…郵便局にお金…まだ入ってたでしょ?そっからおろして
自分の好きなもの買いなさい…」

すごくあきらめの声でそう言われた


とりあえずその後は雑談をして切った。


ものすごい自己嫌悪。
どうして私はこうなんだろう
行きたくないと思いながらいった説明会。
場所も調べずに行った説明会。
結局遅刻して
そしてしまいには母親にキレたりして…



30日の夜は彼と鍋をする約束だったので
帰りにスーパーによって買い物をした

その途中結婚する兄から電話があった

おめでたい話だった
でも
「よかったじゃん」
しか言えなかった

兄から「誕生日おめでとう」という言葉はなかった

それもひっかかっていたのかもしれない
でもそれにしても心がせまい。
自分の心の狭さにまた自己嫌悪

もやもやしながら帰宅。
なんかもうすごく疲れた
わからないけどいろんなことが疲れた

頭はぼーっとして
そんでとりあえずすごく悲しい
いろんなことが悲しかった

その時Yから電話があった

めずらしく悩んでるようだった
いつも自分で決めて行動する子なのに
今のあたしみたいに自己嫌悪に陥ってる様子だった

「中途半端で終わるのはいやだ」
「いつもあとから後悔するの」
「あたしってどうしてこうなんだろうって」


私自身もそれの答えを探してるのに
一体何を言ったらいいのか…
私自身が中途半端なのに何を言えるというのか

まるで自分にいい聞かせるように
彼女にぽそぽそと言った
私に「ありがとう」と言って電話を切った


そのあと、
「あぁおかあさんに謝らないと」

そう思ってYと電話したあとすぐ母親に電話をした

もしもしと言ったら
「あら、どうしたの?」と言ってきた
その途端どっと涙が押し寄せてきて
「さっきはせっかくお祝いの電話くれたのに怒ったりしてごめんね」


と言いたかったのに


「いや…さっき…怒っちゃったから…」


しか言えなかった


そしたら

「あら~それで電話してきてくれたのー?
いいのよ。お母さんのほうこそ謝らなきゃいけないのにありがとう」

と言われて

電話してよかったと思った
自己満足かと思ったけど伝わってよかった

「いまね、おとうさんとRの昔の写真見てたのよ。これはー2歳かしら?
おひな様の前でミッキーのお人形もって首を少し横に傾けてニコってしてる写真みて
かわいいわねーって言ってたのよ」


もう私この時点でこっそり号泣。
だから
「そう…」しか答えられず。


また少し雑談して
そして切った


どっと疲れた
何をしてもどんどん疲れていくだけだった

ちっともすっきりしない
何もしたくない
とりあえず涙が止まらない
悲しいんだか悲しくないんだか
もう何がなんだかわからない


それから少し落ち着いて
彼と鍋をした
もう個人的趣味?でめちゃ辛いキムチ鍋にした
腹いっぱい食べて
ケーキも食べて
「もう動けない」ってなった

そしたら彼がプレゼントをくれた

すごく嬉しかった
考えて買ってきたんだろうなって伝わったし
彼らしいプレゼントだと思った


でもあたしの一番欲しいものじゃなかった


嬉しいのに悲しい
悲しいけど嬉しい

またわからなくなってきた


彼が寝てしまってから
おなかが痛くなって
トイレにこもった

こもってたら
考え事し始めた

人がせっかくお祝いしてくれてるのに
なんで素直に喜べないんだろう
なんで「どうしてあれを買ってきてくれなかったの」って
思ってしまうんだろう
どうしてどこかで期待してたんだろう
どうしてあたし今こんなに悲しいんだろう


もう考えれば考えるほどわからなくなる
わからなくなればなるほど涙がでた


友だちからメールがきたり
親から電話がきたり
彼が祝ってくれたり

こんなにしてくれて嬉しいはずなのに
最高の誕生日なはずなのに
あたしが最低の誕生日にした

自分で最低にしてしまった



しかもまだそれを引きずっている。















スポンサーサイト
【2006/03/31 23:59】 ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<お花見に行ってきました | ホーム | サラリーマン病と飛び降り自殺>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hykmr.blog16.fc2.com/tb.php/217-88acce96
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。